マイカーローンやカードローン

自由に使いたい場合にはカードローン

ローンには様々な商品があり、自由な用途で生活費などに使いたい場合には目的ローンではなく、自由度が高いカードローンが適しています。カードローンなら用途にとらわれませんので、食費や家賃としての利用も出来ます。

 

しかし、目的のあるマイカーローンや住宅ローンの場合には、どうしてもその目的外には使えませんので、金利は低いですが自由度にかけてしまいます。

 

どちらが良いかは利用する方の目的による部分が大きいので、どのようにしてローン商品を使っていくかをよく考えておくと良いでしょう。

 

 

在籍確認なしのカードローン

カードローンを申し込むと、審査時に在籍確認のために勤務先に電話連絡があります。実は、これがネックになって申込を躊躇している方が少なからずいます。

 

そこで、最近では、在籍確認を無しにしたカードローンがでてきましたが、早速、人気を集めているようです。同じ在籍確認なしのサービスですが、いくつかのタイプがあります。

 

まず、最初に登場したのが、来店なし、電話でのやり取りなし、在籍確認なし、郵送物なしを売りにしたサービスです。この会社は、店舗を持たないローコスト経営を展開しており、すべてをネットで済ませるようにしています。

 

ただし、在籍確認の電話連絡をしない代わりに在籍を証明するための書類が必要となします。また、指定銀行に口座を持っていることが条件となります。

 

次に、ネット専用銀行から同様のサービスが出ています。これは、この銀行に口座を持つことが条件で、利用限度額を抑えることにより、申込時に在籍確認なしばかりか、必要書類の提出の必要もなくしたサービスです。

 

これ以外にも、土日祭日など休日での即日融資に対応して、利用限度額が小さく、他社借り入れ状況、信用情報に問題がない場合に、在籍確認をしないカードローンもあります。

 

カードローンならサービス面が優れる

ローンでは上記のようなサービスはありません。しかし、カードローンなら様々な面でサービスを行っていますので、安心して利用が出来るようになっているのです。

 

消費者金融のカードローンは素早さに優れるので、即日融資も利用可能なのですが、金利が高いデメリットがあります。金利が不安と感じる方は、銀行で借りるカードローンが良いでしょう。

 

最近では銀行のカードローンもオリックス銀行カードローン審査傾向を見ても最短即日の早い回答時間となっているので、素早く借りたい方も対応可能です。

 

月々の返済額ではなく金利と利息に注意

マイカーローンを使う予定のある人は毎月の返済額がいくらになるかが気になるでしょう。確かに、月の収入と返済額を見比べて、返済可能かどうかを考えるのは大事ですし、良い心がけと言えます。しかし、返済額ばかりを見ていて、金利や利息に注意を向けないのは問題です。

 

そもそも、利息というのはマイカーローンで借りた元金とは別に金融機関に対して支払う手数料のようなものです。利息の大きさは金利によって決まります。金利が少ないほどに払う利息は少なくなり、損失が抑えられます。

 

金利5%の場合と、金利15%の場合を比較すると、300万円の借り入れをして36回払いにしたときに支払総額が50万円以上も違ってきます。金利が高いと返済期間の後半は実質利息だけを払っているような状態になってきます。

 

とはいえ毎月の返済額だけを見ていると、金利の違いがいまいち実感しづらいものです。したがって、表計算ソフトやネット上の計算サイトなどを利用して、具体的に利息総額がいくらになるのかを各マイカーローンについて調べるべきです。

 

そうすると、このディーラーローンは利息が多くなるなとか、この銀行ローンなら利息が抑えられるなという違いが実感できるはずです。

 

また、返済回数にも注意が必要です。利息というのは毎月計算されるものですから、返済期間が長くなるほど利息も増えます。月々の返済を減らすために返済回数を増やすのは、利息支払いを増やすことになるので慎重になるべきです。

 

カードローンよりも金利に注意する

目的を持つマイカーローンの場合には、カードローンよりも借り入れ金額が大きくなります。そのため、金利面は特にシビアに見ておくべきで、購入前や申し込み前にはマイカーローン比較を金利で行うようにすべきでもあるのです。